シャープがIGZO液晶ディスプレイの生産を開始!Mac用Retinaディスプレイを生産か?

亀山第2工場|亀山工場とは|亀山工場:亀山:シャープ


シャープが、4月13日、亀山第2工場でIGZO液晶ディスプレイの生産開始を発表しました。

IGZO液晶ディスプレイはアモルファスシリコン液晶に比較して、薄型化、省電力化が可能なので、タブレットや薄型ノートなどへの搭載が期待されます。

「サンプルは液晶モニタ向けで解像度3840×2160ピクセルの32型、ノートPC向けで解像度2560×1600ピクセルの10型、タブレット端末向けで解像度800×1280ピクセルの7型が用意される。」(Cnet)

サンプルの中に高詳細ディスプレイやTV用ディスプレイが含まれていることから、噂されているMac用のReitinaディスプレイの生産やAppleの新TV用ディスプレイの生産を手がける可能性があります。

Last Updated on 2017年4月30日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です