次期iPhone X、トリプルレンズで3倍の光学ズーム機能を搭載か

  Yuanta Securitiesのアナリスト、ジェフ・プー(Jeff Pu)氏を移用した台北タイムズによると、Appleは来年の後半に3枚のレンズ付きリアカメラを搭載した新しいiPhoneを2019年に発売する可能性が高いということです。 先月の経済日報の中国のレポートによれば、カメ …

記事全文を見る>> 

Apple、2018年発売のiPhoneに急速充電のために「USB-C – Lightningケーブル」と「USB-C充電アダプタ」を同梱か?

  中国のソーシャルネットワーク「Weibo」に記載されたサプライチェーンからの情報によると、Appleは2018年発売のiPhoneに急速充電のために「USB-C – Lightningケーブル」と新設計で18Wの「USB-C充電アダプタ」を同梱するとの情報が流れています。 …

記事全文を見る>> 

2018年の新iPhone、「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」は同梱されず

Barclaysのアナリスト、Blayne Curtis氏と同氏の関係者によると、2018年の新iPhone、3.5ミリをLightningに変換するへッドフォンジャックアダプターは同梱されないとのことです。 これまでのiPhoneには、純正のイヤフォンの「EarPods with Lightnin …

記事全文を見る>> 

Apple、6.1インチLCDモデルのiPhoneを550ドル〜650ドルの低価格で販売か?

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、今秋、発売が有力な6.1インチLCDのiPhoneの価格帯について、550ドル〜650ドルの低価格を予想しています。 これは、現行の5.5インチLCDのiPhone 8 Plusの最安モデル699ドル(日 …

記事全文を見る>> 

ジャパンディスプレイが資金調達、AppleへのフルアクティブLCD供給が吉とでるか凶とでるか?

  日本経済新聞が以下のように報じています。 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は約550億円を資金調達すると発表した。第三者割当増資で海外の機関投資家15社から計300億円、液晶パネル向けの発光ダイオード(LED)を手掛ける日亜化学工業から50億円を調達する。また生産停止している …

記事全文を見る>> 

Apple、生産上のボトルネックを早期に解消するため、今年は早期に新型iPhoneの試験生産を開始!

モックアップ by Curved.de 台湾のDigiTimesによると、Appleは、昨年発売のiPhone Xの生産上において、3D​​センサーモジュールの生産の歩留まりが低く、初期生産に苦労しました。 新モデルの売り上げにとって初期の供給量が大切なため、今年のAppleは、新型iPhoneのラ …

記事全文を見る>> 

次期iPhone Xは、部品コストの低下により低価格化の予想!

  DigiTimesのリサーチアナリストのLuke Lin氏によると、AppleはiPhone Xの後継機種の製造コストを現行モデルよりも大幅に低くすることができるとのことです。 Lin氏はアップルのアップストリームサプライチェーンの情報から、新しいデバイスのM製造部品のコストが現行のi …

記事全文を見る>> 

iPhoneの「2018年モデル」は、ノッチが小さくなり、「2019年モデル」では消える!?

  韓国のET Newsによると、次世代のiPhone XはTrueDepthカメラシステムのノッチが小さくなり、2019年以降にリリースされる将来のモデルはノッチが全くないということです。 ET Newsのレポートでは、今年発売されるiPhoneは、第2世代の5.8インチiPhone X …

記事全文を見る>>