[ビジネスパーソン]Appleのティム・クックCEOは、イベントにおける各ストーリーのまとめ役を有能に演じる

iPhone 14とApple Watch Series 8の発表イベントで行われたように、すべてのスピーカーはプレゼンテーション中にタスクを持っています。製品を構築した専門家、技術専門家、サードパーティ パートナーなどが、それぞれ製品の物語を語ります。

AppleのCEOであるティム クック氏は、すべての起業家やビジネス リーダーが次の製品の売り込みやプレゼンテーションで果たすべきストーリーテラーの主導役であり、かつ、まとめ役を演じています。

クック氏は、元上司のスティーブ・ジョブズ氏から学べるあらゆるコミュニケーションの教訓を吸収しました。ジョブズ氏は、人々がコンピューター製品を購入しないの理由は、処理速度や説明ではないことを理解していました。人々は問題を解決したり、生活を豊かにするためであれば製品を購入するのです。

クック氏はまた、新しい Apple Watch Ultra が49 mmのチタン製ケースを備えているため、店に駆けつけて購入する人がほとんどいないことも知っています。しかし、彼らは自分の Apple Watchが命を救ってくれたと信じている実際の顧客の話に惹かれるかもしれません。

たとえば、クック氏は、父親が操縦する小型飛行機の後部座席で眠りに落ちた若い女性の話をしました。彼女は、飛行機がバーモント州の人里離れた雪を頂いた山々の梢に墜落したときに目を覚ました。飛行機は6つの部分に分解され、人里から何マイルも離れていました。しかし、彼女のApple Watch はまだ機能していました。彼女は緊急サービスに電話して彼らを救出しました。

顧客の話はそれほど劇的ではないかもしれませんが、次ののことを参考にすれば聞くべき多くの話にアクセスできる可能性があります。

「メールを読む」
クック氏は午前3時45 分に起床して、その日の気分を盛り上げることで有名です。朝の静かな時間に、気を散らされることなく、彼はApple ユーザーからのメールを読んでいます。もちろん、クックはそれらすべてを読むことはできませんが、市場の需要と連絡を取り合うことができるので、メールを読むことは彼の一日の不可欠な部分であると言います.

「手を差し伸べる」
ブログ、メール、ニュースレター、ソーシャル メディア フィードを通じて、人々に話を聞いてみましょう。
あなたは、ユーザーからのフィードバックだけを求めないでください。話を聞いてください。違いがあります。フィードバックは通常、「すばらしい製品ですが、XYZで動作するバージョンを作成できますか?」という形で届きます。それに比べて貴重なストーリーは、「あなたの製品が私の人生を変えました。これがその方法です」で始まります。

時には、ストーリーを掘り下げる必要があります。LinkedInでつながるようにとの招待状を毎日受け取るので、よくその人が私を見つけた方法を尋ねます。彼らは通常、私の記事や本を引用します。ほとんどの場合、完全なストーリーを得るためにフォローアップする必要があります。
物語は尽きることがありませんが、それらを掘り起こすには水面下を掘り下げる必要があります。

「ストーリーをキャプチャします」
Appleのプレゼンテーションは、クック氏に手紙を書いた顧客の何人かが自分の話をカメラに読み込んでいるビデオで始まりました、 明らかに、ビデオグラファーと編集者のチームは、素材を収集するために、ローンチの数週間または数か月前に作業に出かけました。

優れた顧客事例を見つけたら、それをキャプチャします。次に、製品ページに掲載したり、次のビジネス ピッチに含めたりできる写真やビデオと共に、ストーリーを使用する許可を求めます。ほとんどの場合、あなたの会社のファンである人々は喜んで熱意を分かち合います。

お客様のストーリーはどこにでもあります。あなたがしなければならないのは、見て共有することだけです。

(via INC

商品には、物語がないとなかなか売れにくい時代ですね。M林檎

Last Updated on 2022年9月8日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。