App Store、詐欺開発者が、何百万人もの顧客から詐欺金を搾取

App Storeは、これらのアプリを明らかにした以前のレポートにもかかわらず、iOS用の多数の詐欺アプリを引き続きホストしています。さらに悪いことに、これらのアプリは何百万ものユニークなダウンロードを獲得し、それは2022年5月だけで開発者に合計で約860万ドルの純収入をもたらしました。

Digital Information Worldによると 、Avastは2021年にこれらの危険なiOS詐欺アプリのリストを公開しました。残念ながら、これらのアプリの60%がAppStoreでアクティブなままであることを知りました。

さらに悪いことに、これらの詐欺アプリは5月に720万回のユニークダウンロードを達成しました。非常に多くのダウンロードで、開発者はその月の合計純収入で約860万ドルを稼ぎました。

レポートはまた、これらの不正なアプリは主にフリースウェアアプリであると述べています。この種のアプリは不当なサブスクリプション料金を請求し、ユーザーがキャンセルするのが難しいことがわかります。アプリはまた、隠れたコストと控除でユーザーを驚かせます。ほとんどの場合、これらのアプリの主な目的は、ユーザーからできるだけ多くのお金を受け取ることです。

開発者がこれらの詐欺アプリをエンターテインメントアプリに偽装しているため、ユーザーはこれらの詐欺アプリを簡単に認識できません。フリースウェアは、多くの場合、フォトエディター、フィルターアプリ、壁紙アプリとしてAppStoreに表示されます。ユーザーが支払い情報を提供し、サービスにサブスクライブすると、アプリはそれらを詐欺します。

App Storeでこれらの詐欺アプリを認識する1つの方法は、これらのアプリのレビューを詳しく調べることですhが、多くの場合、これらのレビューは偽物になります。

さらに、ユーザーはApp Storeのボタンから不正なアプリを報告することもできます。残念ながら、アプリがすぐに削除される保証はありません。AppleのTim Cookは、同社が毎週100,000個のアプリをレビューしていると述べています。より多くのユーザーを犠牲にすることを避けるために、Appleがそれらの詐欺アプリをできるだけ早く見つけることを願っています。

(via Mac Obserber

Last Updated on 2022年7月18日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。