WWDC 2022:Apple、iPadOS 16でMacライクなマルチタスク機能を搭載

Appleが、WWDC 2022でMacライクなマルチタスク機能を搭載iPadOS 16を発表しました。

Appleは本日、iPadの体験をこれまで以上に万能にするメジャーアップデートであるiPadOS 16をプレビューしました。

M1チップのパワーを活用するステージマネージャは、複数の重なり合うウインドウと、外部ディスプレイのフルサポートにより、マルチタスキングに新しい方法をもたらします。

メッセージを使ってシステム全体のアプリケーションでほかの人と共同作業を始めるための新しい方法により、共同制作がかつてないほど簡単になります。また、新しい共同作業アプリケーションは、一緒にブレインストーミングをするための柔軟なキャンバスを提供します。

メールの新しい機能は、ユーザーの生産性をさらに高めます。Safariには、ほかの人とウェブをブラウズするための共有タブグループが加わり、パスキーによってブラウズ体験がさらに安全になります。

新しい天気アプリケーションは、美しいiPadのディスプレイを最大限に活用し、「テキスト認識表示」ではビデオ内のテキストを操作することができます。リファレンスモードや拡大表示などの新しいプロ向け機能により、iPadはこれまで以上にパワフルなモバイルスタジオになります。

新しいマルチタスキング機能がMacRumors1チップ対応のみになっているのが残念ですね。

Apple→iPadOS 16のパワフルな新しい生産性と共同作業の機能により、iPadがこれまで以上に万能に

Last Updated on 2022年6月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。