Apple、iOS 14のメッセージアプリのセキュリティ向上のために「BlastDoor」を導入

GoogleのProject Zeroのセキュリティ研究者であるSamuel Großによると、iOS 14は、メッセージアプリで実行される攻撃を防ぐために、iPhoneとiPadに新しい「BlastDoor」サンドボックスセキュリティシステムが追加されたとのことです。

BlastDoorは、iMessageの信頼できないすべてのデータの解析を担当する厳密にサンドボックス化され、7つ以上の関連サービスを備えたこの設計により、きめ細かいサンドボックスルールを適用できます。

複雑で信頼できないデータの処理の大部分は、新しいBlastDoorサービスに移されました。この機能は、ハッカーが共有キャッシュやブルートフォース攻撃を使用した場合など、特定の種類の攻撃を阻止するように設計されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月29日 by M林檎