Apple、iOS 14.2で密かにJIT(Just-In-Time)コンパイルサポートし、エミュレーションアプリをフルパフォーマンスで実行

Appleは、iOS 14.2で(JIT)コンパイルのサポートを密かに導入しました。これにより、エミュレーションアプリをiPhoneとiPadでフルスピードで実行できるようになります。

(PAファイルからアプリをインストールすることが出来る)AltStoreのRiley Testutは、ごコンソールと仮想マシンのエミュレーションをこれらの非公式のアプリケーションにどのような影響を与えるかについての詳細を説明します。

JIT(Just-In-Timeコンパイル)は、実行中にコンパイルされるソフトウェアを実行する方法ですが、従来のソフトウェアは実行前に完全にコンパイルされます。JITを使用すると、ソースコードがマシンのネイティブコードにリアルタイムで変換されます。

Appleは、iOSでのJITコンパイルの公式サポートを提供したことはありませんが、一部の開発者はハックしてJITコンパイルを実行する方法を見つけました。これには、いくつかのバグとパフォーマンスの低下というコストが伴いました。ただし、これらのエクスプロイトはiOS14では完全に削除されています。

Testutが説明しているように、AppleはiOS 14.2ベータ2でのJITコンパイルのサポートを追加しましたが、これは同社によって公に言及されたことはありません。サポートはベータ期間中維持され、最終リリースでも維持されました。開発者は、これはAppleによる間違いではなく公式の実装であると信じています。

iOS 14.2でのJITコンパイルのサポートにより、エミュレーションアプリは、ハッキング、ジェイルブレイク、その他の妥協なしにフルスピードで実行できるようになりました。

たとえば、JITを使用すると、Deltaは理論上、PS2、GameCube、Wiiなどのより強力なシステムをエミュレートできます。JITがなければ、ハードウェアがそれを実行できるようになるまで、さらに数年待つ必要があります。最初は懐疑的でしたが、今では意図的な変更だと思うようになっています。

ただし、App Storeにエミュレーションアプリが表示されるわけではなく、JITを使用する他のアプリも表示されるわけではありません。Testutによると、現在の実装はサイドロード(正規のストア以外で提供)されたアプリに対してのみ機能します。サイドロードされたアプリは通常、AppStoreではなくXcodeやその他の開発者ツールを介してインストールされます。つまり、これはデバッグを目的とした開発者を対象とした機能です。

JITをサイドロードされたアプリだけに制限することが長期的に続くかどうかは分かりません。
ただし、AltStoreでは、、iOS上で仮想マシンを提供するUTMや、基本的にiPhoneとiPad用のGameCubeおよびWiiエミュレーターであるDolphiniOSなどのアプリをすぐに楽しむことができます。

以下のビデオでは、ネイティブJIT実装を使用して、脱獄せずにiOS14.2でDolphiniOSがどのようにスムーズに実行されるかを確認できます。

現在ベータ版であるJITアプリと互換性のある新しいバージョンのAltStoreがありますが、まもなくすべてのAltStoreユーザーが利用できるようになります。AltStoreのインストール方法と使用方法について詳しく知りたい場合は、AltStoreに関する特別記事をご覧ください。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月7日 by M林檎