iOS/ iPadOS 14、リアルタイムでのヘッドフォンオーディオレベル測定により聴覚を保護

現行のiOS 13において、iPhoneユーザーはすでにヘッドフォンからオーディオレベルを確認することができました。 ヘルスケアアプリで「ヘッドフォン音量」を検索すると、この情報を見つけることができます。そこから、ユーザーはデシベル単位でオーディオレベルの記録を確認でき、また、録音レベルが大来すぎるか、それとも小さすぎるかを確認できます。

80デシベルを超える音に繰り返し、長期間さらされると、永続的な聴覚障害を引き起こす可能性があります。 AirPodsやAirPods Proなどの互換性のあるヘッドフォンを使用すると、測定は自動的に行われます。

iOS 14以降、コントロールセンターで利用できる新しいオプションを使用して、ヘッドフォンのオーディオレベルをリアルタイムで測定できます。この新機能には、Apple Watchノイズアプリと同様のインターフェイスがあり、ヘッドフォンではなく環境のオーディオレベルを測定し、音量を認識しています。

聞いている音楽が80デシベルレベルを超えると、測定アイコンが緑色ではなく黄色に変わります。これはほとんどのヘッドフォンで機能しますが、AppleはAirPodsおよびその他の認定済みヘッドセットを使用すると測定がより正確になると述べています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年7月9日 by M林檎