iOS 13とiPadOS 13の新機能を紹介するハンズオンビデオ

9 to 5 MacがiOS 13とiPadOS 13のハンズオンビデオを公開しています。

iOS 13とiPadOS 13には、多くの新機能が搭載されていますが、この動画では以下の新機能が紹介されています。

・USBドライブとSMBサーバーをサポートする拡張ファイルアプリ

PadOS 13では、ユーザーは外部のUSB-Cストレージデバイスを直接iPad Proに接続し、アップデートされたファイルアプリから直接その内容を閲覧することができるようになりました。また、ユーザーはSMBを介して外部ストレージにワイヤレスで接続することが可能です。

・iPadのSafariは、デスクトップ表示

デフォルトでデスクトップ表示となっています。

・Safariでファイルのダウンロードが可能

iOS 13では、ついにデバイスの内部ストレージ、iCloudなどのクラウドストレージ、外部USBデバイスに直接ファイルをダウンロードすることができます。

・iPadでのフローティングキーボード

フローティングキーボードは、画面上のほぼどこにでも異動でき、片手での入力が非常に簡単になります。

。マルチタスクの改善

マルチタスクの改善には、複数のスライドオーバーウィンドウ、複数のスペースにまたがって同じアプリケーションを操作できる分割ビューのサポート、すべてのアプリケーションウィンドウを表示する機能が含まれます

・写真アプリの編集機能強化

すべての写真編集ツールと変更がビデオにも適用されることです。iOSで初めて、ユーザーはクロップ、回転、効果の追加、フィルタの追加、ビデオの縦横比の変更などを行えるようになりました。

・ダークモード

ダークモードを使用すると、暗い環境でのデバイスの使用がはるかに容易になります。言い換えれば、ダークモードは常にディスプレイから放射される明るい光の量を制限するのに役立ち、それは薄暗い環境でコンテンツを見やすくします。

・新しい音量インジケータ

音量インジケータは、中央に表示されいたものが、iPhoneの物理的な音量ボタンのすぐ隣のディスプレイの横に移動されました。サイズも小さくなり、さらに邪魔にならないように自動的にサイズが縮小されます。

・ストリートビューがサポートされたマップ

マップアプリの機能は新しいLook Aroundインターフェースだ。これはGoogleの360度のストリートビューインターフェースと似ています。

・カット、コピー、貼り付け、元に戻す、やり直しの新ジェスチャー

新しい3本指のジェスチャーがサポートされています。

  • 元に戻す:左から3本指スワイプ
  • やり直し:3本指で右にスワイプ
  • コピー:3本指でピンチ
  • カット:3本指でピンチアウト×2
  • 貼り付け:3本指でピンチアウト

・改善された直接カーソルのコントロール

これまでは、Spaceキーの長押しでカーソルを自由に動かせましたが、画面上を長押ししてつかむように下にスワイプするとカーソルを動かせるようになります。

・マウスとコントローラのサポート

 Xbox One S / PS4コントローラサポートとマウスサポート。iOSのゲーマーは、現在利用可能な2つの最も人気のあるゲームコントローラを介して、コントローラサポートを組み込んであらゆるゲームを制御することができます。また、iOS 13のマウスサポートは、アクセシビリティの機能で、正確な追跡機能と、複数のボタンにわたるさまざまなショートカットのマッピング機能があります。

・新しいリマインダーアプリ

リマインダーアプリがアップデートされ、大幅なデザイン変更が行われ、使いやすくなっています。

以下が新機能を紹介する動画です。