Apple、2019年のiPhoneは、現行ラインナップをアップグレードしたモデルになる模様

Ming-Chi Kuoによると、2019年のiPhoneのラインナップは、6.1インチのLCDモデルと同様に、6.5インチと5.8インチのOLEDモデルを含む現在のラインナップを継続するとのことです。

2019年に予想される変更は、iPhone XRの後継機種が4GBRAMにアップグレードされる可能性があります。すべてのモデルにすりガラスのケース、大型バッテリー、他の機器のワイヤレス充電機能、室内測位およびナビゲーション用の新技術が含まれます。

新しい5.8インチOLEDモデルは、DSDSをサポートします。新モデルの主なアップグレードは、屋内測位およびナビゲーション用のウルトラワイドバンド(UWB)、すりガラスの筐体、他のデバイスを充電するための双方向ワイヤレス充電、アップグレードされたFace ID、トリプルカメラ機能(ワイド、テレ、ウルトラワイドレンズ)、大型バッテリーを搭載します。

また、Kuo氏は、3つのモデルすべてがUSB-CではなくLightningコネクタを採用すると述べています。

(via MacRumors