次世代iPhoneはトリプルレンズカメラや新しい写真ツールを搭載

Bloombergによると、Appleは2019年のiPhoneに3レンズカメラを導入することを計画しているとのことです。

iPhone XS Maxの続編では、3レンズカメラ方式を採用し、iPhone XSとiPhone XRの後継機種では、デュアルレンズカメラ方式を採用すると述べています。 3台目のカメラは、より広い視野、より広いズーム範囲を可能にし、より多くのピクセルをキャプチャすることができるようになります。

Appleは、その余分なピクセルデータを使って、写真やビデオを自動的に修復して、誤って最初のショットから切り落とされた可能性がある被写体に合成するツールを開発しているようです。 Live Photosの改良版も開発中で、ビデオ部分の長さは6秒に増えました。

テスト中のiPhone(2019)の一部のバージョンでは、Lightningポートの代わりにUSB-Cコネクタを使用しています。これは、AppleがいつかLightningからUSB-Cに切り替えることを計画していることを意味しています

また、2020年iPhoneはまた、トリプルレンズの配置を変更、改良された写真キャプチャツール、およびより強力なプロセッサを備えています。

(via MacRumors