Apple、バタフライ式キーボードの「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を開始

 

Appleが、一部のバタフライ式キーボードを搭載したMacBook および MacBook Proの不具合に対応して、無償でキーボードを修理する「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」を開始しました。

不具合の症状は以下の通りです。

・文字が勝手に反復入力される
・文字が表示されない
・押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

対象モデルは以下の通りです。

MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (15-­inch, 2016)
MacBook Pro (15-­inch, 2017)

修理内容は以下の通りです。

修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。修理にかかる時間は、修理内容や交換部品の在庫状況によって異なる場合があります。

対象となりそうな方は、以下のリンクから交換プログラムを確認し、AppleやAppleのサービスプロバイダに連絡をとってください。

Apple→MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム