Apple、教育プログラム「Everyone Can Create」と新アプリケーションの「スクールワーク」を発表!

 

Appleが、本日午前0時からシカゴで開催したスペシャルイベントで、教育プログラム「Everyone Can Create」と新アプリケーションの「スクールワーク」を発表しました。

Appleは、これまで子供向けのコーディングプログラムとして「Everyone Can Code」を行っており、「Everyone Can Create」はそれに次ぐもので、Appleは本日、Apple Pencil1に対応した新しい9.7インチiPadと、生徒の創造力を刺激して成功するためのインスピレーションをもたらすようにデザインされた各種プログラムです。

Appleはまた、教師が課題を作成したり、生徒の進捗状況を確認したり、教室でアプリケーションを活用するのを支援するパワフルな新アプリケーションのスクールワークを発表しました。

Apple → パーソナルな学習を目指すパワフルかつ新しいアプリケーション、スクールワークを発表

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

→iPadとMacで、生徒たちは自分のペースで学習し成果を実現(Everyone Can Create)

→スクールワーク