米国のユーザーはiPhone Xの「高度なTrueDepthカメラ」と「Face ID」に満足!

ストラテジー・アナリティクスが(the Strategy Analytics)がiPhone Xの購入者586人に対して、消費者感情についての調査レポートを発表しました。

そのレポートによると、初期のiPhone X購入者の消費者感情については、TrueDepthカメラが肯定的な評価の要因で、Touch IDやAnimojiを含む新機能に満足しています。

さらに消費者はSuper Retina HDディスプレイとバッテリー寿命の向上に肯定的な感情を持っています。

一部懸念された、Touch IDの削除については、それをFace IDに置き換えたことに対して、非常に肯定的でした。

Appleは最新のiPhone Xにおいても、最先端の技術を導入することによりAppleのブランド価値の確立に成功しています。

Appleは、この10年新技術の導入とそのデザインや質感により高いブランド価値と収益性を維持してきました。

これは、他者にモバイルプラットフォームをライセンスを供与している他メーカーではなし遂げられなかったたことです。

(via AppleInsider

Googleも、Apple型の路線に軌道修正したのが、HTCのPixel製造部門を買収し、さらに独自のモバイルチップをデザインするなど、スマートフォン全体を自社で製造する体制を整えつつあります。