iOS 11、ビデオアプリで音量調整した際に表示されるボリュームマークと音量スライダーのデザイン変更

TwitterユーザーのDevon Tによると、ビデオアプリで音量調整した際に表示されるボリュームマークと音量スライダが表示されるHUD(ヘッドアップディスプレイ)が、iOS 11 beta 1では右上に小さく表示(下画像)されるようになっています。

これまでは動画視聴中にボリュームコントロールを行うと数秒間、大きなHUDが画面中央に表示(上画像)され、画面を見にくくしていました。
これについては、ユーザーが不満を示してデザインの変更を望んでいました。

現在のiOS 10.xでは、YouTubeアプリなど一部のビデオアプリは、小さなHUDを実装していますが、標準のビデオアプリや多くのビデオアプリでは、大きなHUDが表示されていました。

iOS 11での改良で、ビデオを視聴する際にボリュームコントロールボタンでボリューム調整してもビデオの視聴が妨げられなくなります。

(via MacRumors