iPhone 2018年モデルの価格予想!「初代iPhone X」は「2代目iPhone X」の登場で発売中止

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏は、先日の予測と同様に、Appleは2018年の2代目iPhone Xが発売されると、通常ならば値下げ下げて販売が続けられる初代iPhone Xの発売は、中止されると述べています。 理由は初代iPhone X …

記事全文を見る>> 

ジャパンディスプレイの「フルアクティブ・ディスプレイ」が次期iPhoneに採用!

ジャパンディスプレイの「フルアクティブ」ディスプレイが次期iPhoneに採用される方向となったとを時事通信が伝えています。 「フルアクティブ」は、ベゼル幅を0.5~0.6mm幅に狭くしたLCDモジュールの技術です。全面ディスプレイが特長の1つになっている有機ELディスプレイ(OLED)に対抗するLC …

記事全文を見る>> 

2019年発売のiPhoneは、顔認識カメラとフロントカメラモジュールが統合され、ノッチ(くぼみ)部分が小さくなる!?

韓国のETNewsの新しいレポートによると、2019年以降はiPhoneのノッチが小さくなる可能性があるということです。 Appleは、TrueDepthセンサーのサイズを小型化できるため、顔認識カメラと通常カメラのモジュールを組み合わせることを健闘しているとのことです。 Appleは2019年モデ …

記事全文を見る>> 

シャープ、ジャパンディスプレイ、LGディスプレイがiPhone用OLEDディスプレイの受注競争を展開!

Samsungは、2017年におけるiPhone X用のOLEDディスプレイパネルの独占サプライヤーでした。 しかし、2017年にはAppleからの支援を受け、LGディスプレイがOLED製造施設に何十億ドルもの投資を行い、2018年から供給開始される見込みです。 その投資は、5.8インチと6.5イン …

記事全文を見る>> 

Apple、Face ID用センサーモジュール増産のためLGイノテックに多額の投資を計画

現在のFace IDを搭載しているのはiPhone Xの1モデルだけですが、今後、2018年発売のiPhoneの複数モデル、iPad ProにFace IDが搭載されると見込まれています。 そのためには、昨年製造に苦労したFace ID用センサーモジュールを増産する必要があります。 韓国のウェブサイ …

記事全文を見る>> 

LGディスプレイ、iPhone用OLEDディスプレイを今年から供給開始か?

LGディスプレイが、今年(2018年)よりAppleにiPhone用のOLEDディスプレイを供給するとFinancial Timesが伝えています。 昨年9月に2019年からLGディスプレイが、OLEDディスプレイをAppleに供給するために、2017年7月以来、数十億ドルを投資しているとBloom …

記事全文を見る>> 

次世代のiPhone、3DセンシングおよびAR関連機能の製のアップのためにバッテリー消費量が増加

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、今月上旬のレポートで、iPhoneのバッテリーの大型化が計画されていると述べていました。 それはL字型ののワンセルのバッテリーで現在のiPhone Xの2セル型のバッテリーよりも約10%容量が増量されると …

記事全文を見る>> 

2018年の新モデル「iPhone X Plus」は6.4インチのOLEDディスプレイを搭載!?

コリアヘラルドの姉妹誌「The Investor」によると、Samsungは、今年、5,000万ユニットのフレキシブルOLEDディスプレイを出荷してますが、来年は1億8,000万〜2億ユニットの出荷を予想しているとのことです。 この増産の一部が、6.4インチの「iPhone X Plus(iPhon …

記事全文を見る>> 

Apple、次期iPhoneに1セルL字型バッテリーを搭載することで最大10%の容量増を計画

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、Appleと韓国のLG化学は、現在の2セルのL字型バッテリーを1セルのL字型にするための開発を行っていると述べています。 Kuo氏はこの技術が来年導入されたとしたら、5.8インチのiPhoneが2, …

記事全文を見る>>