Bloombergの報道に衝撃が走る!AppleやAmazonのサーバーが、マイクロチップによってハッキング!

Bloomberg(Businessweek)が、AppleやAmazonのサーバーが、マイクロチップによってハッキングされたと報道し、衝撃が走っています。

発見したのは、Amazonで、自社のセキュリティ評価のために同社が買収し、利用しているエレメンタルのサーバーを調査した結果、中国のスーパーマイクロ・コンピューターが製造していたエレメンタルのサーバーのマザーボードに米粒ほどの不審なチップが組み込まれていることが判明しました。

チップは、設計の段階では存在しないチップで、製造の段階で取り付けられたと結論図けられました。

エレメンタルのサーバーを利用しているのは、国防省のデータセンター、CIAのドローンシステム、海軍の艦船間のネットワークなどで、情報関係者の間で衝撃が走りました。

現在も捜査が続いていますが、米国の捜査担当者は、チップは製造過程で人民解放軍の1部隊の工作員らによって埋め込まれたことを発見しました。チップの埋め込みは、中国の下請け会社の段階で埋め込まれていました。それも中国の人民解放軍が関与していたのです。

今回のチップの埋め込むによるハッキングは深刻で、そのサーバーのネットワークだけでなく、他のネットワークにもアクセス可能なため被害は甚大だとのことです。

チップが埋め込まれたエレメンタルのサーバーを使用しているのは、AmazonやAppleを含む30社近くになります。

Appleは、この件に関して、声明を出して公式に否定しています。Appleは、公式サイトでBloombergの報道は間違っていて、Appleが利用しているサーバーにチップが埋め込まれていることはないと述べています。

Apple→What Businessweek got wrong about Apple

アップデート:

以下は、この問題に対する米国土安全保障省の声明に関する記事です。