Appleに残っていた最後のSiriの共同創設者のTom Gruber氏が退職!

Appleに残っていた最後のSiriの共同創設者のTom Gruber氏が退職しました。

The Informationによると退職理由は、「写真と海洋保全における個人的関心」を追求するためだとのことです。

Gruber氏は、Dag Kittlaus氏とAdam Cheyer氏とともにSiriを開発し、2010年にiOS App StoreでSiriをアプリとしてリリースしました。

Appleは、その2ヶ月後にSiriを買収し、Cheyer氏、Kittlaus氏、Gruber氏の3人はすべて当時入社しました。

Kittlaus氏は2011年にアップルを去り、2012年にはCheyer氏が退職しました。

Appleは先週、Appleの機械学習とAI戦略のチーフを務めているGiannandrea氏を指導者のページに追加しました。 Giannandrea氏は、AppleのAIと機械学習チームをリードしており、AppleはCore MLとSiriチームを彼のもとにお置いています。

(via MacRumors