iFixit、MacBook Pro(2018)の静音キーボードを分解!そこには異物侵入防止のシリコン製のフィルムがあった!!

Appleが、第3世代のバタフライ式キーボードを搭載したMacBook Proを発売しました。注目はチップ類のアップグレードだけでなく、これまで打鍵音が大きかったキーボード音が小さくなったことが注目を集めています。

分解修理で有名なiFixitが、注目の第3世代のバタフライキーボードを分解しています。
これまでのバタフライ式のキーボードと異なるのは、キーの下にシリコン製の薄いフィルムが存在していることが分かりました。

その役割は、おそらくゴミが入ってキーが反応しなくなることを防ぐためでしょうが、Appleは、第1世代と第2世代のバタフライ式キーボードでゴミなどが入って反応しなく問題を抱え、集団訴訟に直面しているため、口が腐ってもゴミの侵入防止のためにフィルムを使用したとは言えない状況です。

Appleは、従来のバタフライ式キーボードの問題を一部のユーザーの問題としているため、全モデルに関わるような変更の目的を言えないのです。

今回のMacBook Proの改良により、オマケとしてキーボードが静音化した可能性が高いと言えます。