Adobe、iPadに対応した「Photoshop」のフルバージョンを2019年に提供

Bloombergによると、Adobeは2019年にiPadに対応した画像編集アプリ「Photoshop」のフルバージョンを提供するため、今年の10月にデモを行うとのことです。

現在のiOS版の「Photoshop」は、デスクトップアプリの補助バージョンとして公開されていて、限られた機能しかありません。

Adobeは今後、新しいアーキテクチャで「Illustrator」など、他のクリエイティブなアプリを展開する予定ですが、タイムラインは明らかになっていません。

「Photoshop」のタブレットバージョンは、すでに「Microsoft Surface」で利用できます。
Appleは、iPadがデスクトップクラスの性能があるとPRしており、iPad版の「Photoshop」の発売は、iPadの用途が広がるため、AppleやiPadユーザにとって歓迎すべきことです。

(via 9 to 5 Mac