Apple、インド国内でiPhone 6sの生産を開始!

The Economic Timesの新しいレポートによるとAppleは先週、インドのバンガロールにあるWistron(ウィストロン)の工場でiPhone 6sの商業生産を開始した。

今年の2月、インド当局は輸入携帯電話の輸入関税を15%から20%に引き上げると発表しました。Appleは、今回の現地生産によってiPhone 6sを輸入スマートフォンとそのコンポーネントに課された輸入関税から逃れることができ、低価格で販売することができます。

Appleは、これまでインドで低価格モデルのiPhone SEを販売してきましたが、これにiPhone 6sが加わることになります。

(via MacRumors