iOS 12、アメリカ国内で緊急時にiPhoneを使用して救急の「911」を発信すると位置情報を共有

Appleは、この秋公開するiOS 12において、アメリカ国内で緊急時にiPhoneで救急の「911」を発信すると位置情報を救急当局と共有して、救出時間を短縮できるようになります。

Appleが行うのは、緊急技術会社RapidSOSのインターネットプロトコルベースのデータパイプラインを使用して、HELOロケーションデータを911センターと迅速かつ安全に共有し、人命や財産が危険にさらされている場合の対応時間を短縮することです。

Appleが、RapidSOSと協力して、位置情報を救急当局に提供することで、救急当局は、無駄な時間を使うこと無く、迅速に人命救助を行うことができ、日本でも導入して欲しい、技術です。

Apple→Apple’s iOS 12 securely and automatically shares emergency location with 911