Apple、「Apple Store」に「リード(Lead)」と「スケジュールプランナー(Schedule Planner)」というポジションを新設

Appleが「Apple Store」に「リード(Lead)」と「スケジュールプランナー(Schedule Planner)」というポジションを新設したとMacRumorsが伝えています。

すでに応募書類は7月24日にApple Storeの従業員に公開されるとのことですが、一部の店舗ではすでに面接が始まっているそうです。

「リード」のポジションに就いた人材は、Apple Storeの運営について学ぶ機会を得ます。「リード」の業務は、店長のサポートで、従業員休憩や配置の管理と疑問を持つ顧客に対応します。収支のバランスをとり従業員のキーマンとなるなど多くの管理責任を果たします。これらは従来、店長が行ってきたことです。

「スケジュールプランナー」は「リード」と協力しながら店舗全体のスケジュールや計画を作成します。ほかにも、店舗の傾向を把握してチームや顧客の経験を改善するためのリソースの使い方についての意見を述べます。

これらのポジションがApple Storeに設けられたのは、店長の業務を軽減しながら、サービスの向上、次世代のリーダーの育成を行うためだと考えられます。

(via MacRumors