Apple、デンマークで2カ所目になる再生可能エネルギーで稼働するデータセンターを建設

Appleが、デンマーク南部のAabenraaに、デンマークで2カ所目になる再生可能エネルギーで稼働するデータセンターを建設することが分かりました。ReuterがAppleの北欧担当ディレクターErik Stannow氏に確認しました。

Reuterによると、デンマークで1番目のデータセンターは今年後半に稼働を始め、今回発表された2番目のデータセンターは2019年第2四半期(4-6月期)に稼働予定だとのことです。

デンマークのデータセンターは、ヨーロッパのユーザー向けにiTunes Store、App Store、iMessage、Maps、SiriなどのAppleのオンラインサービスを提供します。

Last Updated on 2017年7月11日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です