「Apple Watch Series 4」のウォッチフェイスはCGIではなく、実写だった。メイキングビデオがYouTubeで公開!

watchOS 5を搭載したApple Watch Series 4では、様々な新ウォッチフェイス(文字盤)が公開されています。

その作成風景を撮影したメイキングビデオがYouTubeで公開されていますが、興味深いのは、コンピュータのCGIで制作されたと考えられていたウォッチフェイスが、実は、実際の水や火を使って撮影されていたことです。

そのメイキングビデオはによって、撮影時のアイデアや苦労の一端を感じることができます。

以下がその動画です。