「MacBook Pro(2016-2017)」のバタフライ式キーボードの不具合でサービスプロバイダに持ち込んだ場合、ラッキーならば第3世代静音キーボードに交換してくれるかも?

「MacBook Pro(2016-2017)」は、打鍵音がうるさく、一部のキーボードに反応が悪かったり、反応しなかったりする不具合が出ていました。

Appleは、これらの不具合が発生したキーボードを無償交換しています。その交換方法は、一部で済む場合は一部で、キーボード全体が交換される場合もあります。

MacRumorsによると、Appleは、上記の交換の場合、第3世代のバタフライ式キーボードに交換しない計画ですが、Apple Storeやサービスプロバイダの判断で、第3世代キーボードに交換される可能性もあることで、それは現場の判断のようです。

3世代キーボードには、キーの下にゴミの侵入防止や静音に役立つシリコン製の薄いフィルムが挟まっているのが、第2世代との大きな違いです。