iPhone XR、組み立ての遅れから供給不足の可能性

台湾のDigitimesによると、10月26日に発売予定のiPhone XRについて、生産が遅れていると述べています。

理由は、ジャパンディスプレイが供給するLCDの生産歩留まりの悪さと組み立てを行うPegatronの従業員不足による生産能力の低下です。

Appleは、これを解消するために生産能力の一部をPegatronからFoxconnへとシフトさせるとのことです。

従来の生産割合は、Pegatronが50〜60%、Foxconnが約30%でしたが、今後はPegatronが30%以下になります。

iPhone XRは、かなり売れると推測されているため、Appleも供給不足を改善する必要に迫られているようです。

(via Digitimes