iPhoneのディスプレイ大型化によりゲームユーザーが増加し、Appleは増収!

Appleは、日本時間の9月13日(木)午前2時からのスペシャルイベントで、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの画面サイズの3つの新しいiPhoneを発表する予定です。

The Wall Street Journalが、Kantarの調査データを引用し、6インチ以上のスマートフォン画面を持つユーザーは、通常、大型デバイスのユーザーは、iPhone 6または7の5.5インチ画面のユーザーより、ゲームをプレイする可能性が62%高く、毎日ビデオを視聴する確率が2倍になります。

Kantar WorldpanelのアナリストJennifer Chanは、「デバイスが大きくなればなるほど、Appleから利益を得る機会が増える」と述べています。

Morgan Stanleyによると、Appleは今後5年間でAppleの売上高成長率の約60%を占めると予想しているアプリ販売、音楽購読、その他のサービスから、デバイスあたり年間推定30ドルを稼いでいるということです。

(via 9 to 5 Mac