人間は150歳まで生きることができるとの研究があるが、長生きに意味があるのか?

国際的な科学者チームが、人が生きられる最大年齢を発見したとLADBibleは書いています。

正確な数値を計算するために、シンガポールに本拠を置くバイオテクノロジー企業 Gero とバッファローの Roswell Park Comprehensive Cancer Center の研究者は、人体の回復力と損傷から回復する能力を研究しました。

何十万人ものボランティアの医療データを分析するために、科学者は人工知能に頼ってきました。

年齢、病気、ライフスタイルの要因を考慮すると、専門家は、120歳から150歳の間のどこかで、人体の修復能力が完全に枯渇することを発見しました。これは、人が150年以上生きることができないことを意味します。

現在の最高齢はジャンヌ・カルマンさんで、1875年生まれで1997年まで生きて122歳。

一方、体の老化プロセスを遅らせ、理論的には200歳まで生きることができる薬が現在テストされています。

だが、人間は、長生きするだけが目的の動物ではない・長生きすることが社会的に容認され、それをサポートする体制がないと幸福にはなれない。

場所にによっては、(食料の関係で)人間が長生きされると困るところもあるからだ。

(via ANOMALIEN

Last Updated on 2022年11月12日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です