週刊新潮が、ガセネタ?を元にガーシーが反社と協力しているのではないかとの取材。ガーシーは、事実でないと否定し、新潮に爆怒りで反撃も

画像ソース:ガーシーのインスタで公開したコカイン使用の現場、右奥が成宮、左手前が成宮の交際相手の男性

昨夜未明にライブは配信された動画で、ガーシーによると、週刊新潮の岸という記者からから、自分の反社との

関わりについて取材メールが来たことを明らかにした。

内容は、成宮直樹のコカイン使用について、ガーシーにネタのタレコミをしていた人物が、ネタのタレコミ対象となる人物を恐喝していたとの述べた。いわゆるガーシーを利用してマッチポンプをやっていたと言うことだ。

具体的には、タレコミしてきたA氏が、稲川会の反社の人間で、タレコミされた人間(上画像:一般人の野崎)に500万円を要求し、結果的に10万円を支払ったことを知っていたかの質問だった。

これはガーシーが、以前暴露した成宮寛貴(なりみやひろき)の写真を暴露した件で、恐喝された野崎は、成宮と同じように薬物をやっていたとガーシーは述べた。

ガーシーは、新潮に何でタレコミしてきたA氏が、何で新潮は反社と知っていたのかを新潮に聞いたとのこと。
もちろんガーシーは、知る訳もないし、成宮の件については、複数の人物からの情報提供があったと述べた。

ガーシーは、この成宮と野崎の件に関わっているのは、反社の南原ではないかもしれないと述べた。南原がインスタで、今回の件を匂わせていたし、昨日、南原が、稲川会の人間とキャバクラと遊んでいたとの情報が入っていいるとのことだ。

関連記事->ガーシー、成宮寛貴(元俳優)のコカイン使用の証拠写真とされる画像を公開

関連記事−>ガーシー、大石絵理のインスタ画像を消すように脅してきた反社の南原を告発したことや大石絵理とのその後を暴露

新潮は、この件についてA氏と野崎の証言により、渋谷署がガーシーの捜査を始めているという。

ガーシーは、ガセネタを元に新潮が記事を書いたら、絶対に許さないと述べていた。
あとは勝手にしろと言うことだった。

新潮からの回答次第では、新潮を攻撃すると述べた。

何しろ、ガーシーは、MCJの高島社長からの自身が行ったDV口封じ代3,000万円のを断っているとして、そんな程度のお金では動かないと激しい口調で述べた。

レイニーS

Last Updated on 2022年10月21日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です