名車「ポルシェ911」、 60年経った今でも設計者について紛争中

ポルシェ911は、使い古された敬称を実際に獲得した自動車のアイコンです。1963年にプロトタイプとしてデビューし、1 年後に市場に出て、それ以来ずっと生産されているこのドイツのスポーツカーは、乗り物の飛行機を超えて、デザインと芸術の世界で偉大さを達成しました。

近代美術館のコレクションには911もあり、そのリストを見ると、この車の設計者は FA「ブッツィ」、ポルシェ一族の1人です。それはフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ氏、正確にはフェリー・ポルシェの息子であり、会社の創設者であるフェルディナンド・ポルシェ・シニアの孫です。

普通は、この一般的に知られている歴史を疑う理由はありません。91の誕生からほぼ60年が経過しましたが、その間、ポルシェはその名高い歴史を細心の注意を払ってアーカイブすることに専心してきました。

さらに、ドイツのシュトゥットガルトにある本社の隣に博物館を開設し、アーカイブには250万枚の写真があります。
The Drive のシュレーダー氏によって報告されたように、今月後半の新規株式公開に先立ってポルシェが作成した目論見書で、同社は「現在、ポルシェ 356 のデザイナーの1人の相続人が所有する著作権紛争に関与している」と述べています。ポルシェ 911の設計にそのようなデザイナーが関与した疑いがあるとして、追加の補償を請求しています」

「この訴訟は、ポルシェの元チーフデザイナーであるアーウィン・コメンダ氏の娘であるイングリッド・シュタイネック氏によって提起された訴訟であり、オリジナルの 911を設計したのはフェルディナンド・ポルシェ氏ではなく、コメンダであると主張しています」とシュレーダーは書いています。

「コメンダ氏は1931 年にフェルディナンド・ポルシェ・シニアのデザイン会社で働き始め、フォルクスワーゲン ビートル (初期のKdFワーゲン時代) のオリジナルデザインを手伝い、最終的にはポルシェ 356のメイン デザイナーとして認められました」

IPO(新規上場)の場合、これは大したことではなく、法的な紛争の通常の開示にすぎません。しかし、ポルシェの歴史の場合、それは大きな問題であり、ポルシェの家族以外の誰かが、会社の最高の業績の作成者として歴史の本に登場する可能性があります. (911 は歴史上最も有名な車の1つであるだけでなく、その生涯で100万台以上販売された車でもあります) ああ、もちろん、シュタイネック氏はここでも金銭的な補償を求めています。

ここでシュタイネック氏の主張はどのくらい強いのでしょうか。
シュレーダー氏が書いているように、ポルシェはこの訴訟は法廷で2回却下されたが、「近い将来、ドイツで別の公聴会が開かれる予定である」と述べています。

(via Inside Hook

参考(Wikipedia)
[ ポルシェ911]
1964年の発表以来、現在に至るまで第一級の走行性能を持つスポーツカーとして知られており、ポルシェのフラグシップモデルである。デビュー当初から一貫して水平対向6気筒・リアエンジンという構成を保っており、21世紀の現在では数少ないリアエンジンの量産車として異色の存在となっている。また、1990年代まで四輪車では数少なくなっていた空冷エンジンを搭載していたことでも知られる。時代に応じて多少の変化はあるが、基本的な車体形状と丸いヘッドライトはデビュー以来不変である。

Last Updated on 2022年9月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。