Apple、多数の修正を含むiOS 16.1 ベータ 1を開発者に公開!

Appleが、本日、iOS 16.1 ベータ 1を開発者に公開しました。
iOS 16.1は、Apple が今週初めに最初に発表した新しいクリーン エネルギー充電機能を追加します。同社によると、この機能は「二酸化炭素排出量の少ない電力が利用可能なときに選択的に充電する」ことにより、「二酸化炭素排出量を削減する」ことを目的としています。

この設定のトグルは、設定アプリの「バッテリー」メニューで、「バッテリーの状態」オプションをタップして見つけることができます。

iOS 16.1 では、ユーザーが初めて Wallet アプリを削除できるようになりました。なお、Wallet アプリを削除すると、Apple Pay、Apple Cash、Apple Card など、さまざまな機能を使用できなくなります。

人気のバッテリー パーセンテージアイコンが、より多くのiPhoneに追加されました。iOS 16 ベータサイクルの後半に初めて登場した後、バッテリーのパーセンテージ アイコンは、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 12 mini、 iPhone 13 miniでも利用できるようになりました。

iOS 16 の重要な機能の 1 つは、ロック画面をカスタマイズする機能です。iOS 16.1では、Apple は変更を加えて、ロック画面の壁紙とホーム画面の壁紙をカスタマイズする方法を明確にしています。

ロック画面を長押しして「カスタマイズ」ボタンを選択すると、ロック画面の壁紙をカスタマイズするオプションと、ホーム画面の壁紙をカスタマイズするオプションの 2 つの明確なオプションが表示されます。

開発者向けのLive Activities APIは、最初の iOS 16.1 開発者向けベータ版のリリースで復活しました。

iOS 16.1 ベータ版と Xcode 14.1ベータ版で利用できるようになった新しいActivityKitフレームワークを使用して、アプリのライブアクティビティを構築可能です。ライブ アクティビティは、ユーザーがアプリのコンテンツをリアルタイムの更新で追跡するのに役立ちます。アプリのライブ アクティビティは、ロック画面とダイナミック アイランドに表示されます。

iOS 16.1と iPadOS 16.1には、Matterスマート ホーム クセサリの初期サポートも含まれています。Matterは、最も人気のあるカテゴリのアクセサリのクロスプラットフォームの互換性を向上させることを目的とした、新しいスマートホームのスタンダードです。
この機能はまだ初期段階にあります。

さらにiPadユーザー向けの新しいiPadOS 16.1 ベータ版のリリースには、Stage Managerへのいくつかの変更が含まれています。Federico Viticci氏が Twtitter で指摘したように、変更点は次のとおりです。

ステージにさらにウィンドウを追加するボタンがついに機能します。ウィンドウが「カーテン」アニメーションで開き、アプリ スイッチャーが表示されます。同じアプリで開いているすべてのウィンドウを以前よりも簡単に確認できるようになりました。アプリのドック アイコンをクリックするか、Globe-Down ホットキーを使用できます。その「領域」には、新しいウィンドウを作成するための + ボタンが常に含まれています。

Stage Managerを使用して、ウィンドウをiPad から外部ディスプレイにドラッグできるようになりました。これらの新機能にもかかわらず、Viticci 氏によると、Stage Managerは依然として非常にバグが多いとのことです。10月中のリリースを期待しています。

その他にも細かな修正が行われています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。