[仮想化マシン]最新の VMWare Fusion テクノロジープレビュー、Apple Silicon Mac上でWindows 11 が動作可能に!


画像ソース:VMWare

VMWareは、VMWare Fusion の今後のアップデートにより、Windows 11 のサポートが Intel ベースのマシンとApple Siliconマシンの両方にもたらされることを発表しました。

Windows自体のARM バージョンは、 M1またはM2チップを搭載した Macでは利用できませんが、ユーザーは VMWare Fusion 仮想化ソフトウェアを使用して、Apple Silicon Mac で Windows 11 をダウンロードして使用することができます。

VMWare Fusion の最新のアップデートは、同社の Web サイトで 無料のテクノロジー プレビューとしてテストできるようになりました。

VMWareは、2022 年後半のより正式なサポートに向けて準備を進めているため、ユーザーからのフィードバックを求めていると述べています。

新しいテクノロジープレビューには、Apple Silicon マシンでの Windows 11 のサポートに加えて、M1 での Windows 11 用の VMtools のインストール、M1での Linux サポートの改善、Linux VM での 3D グラフィックス HW アクセラレーションと OpenGL 4.3 などが含まれます。

ただし、同社は、VMWare Fusion は Apple Silicon Mac ではまだ開発中の作業であり、サポートにはいくつかの制限があることに注意しています。たとえば、Fusion は異なるアーキテクチャ間で実行される VM をサポートしません。また、ユーザーは現在macOSの仮想マシンを作成できませんが、VMWare は将来的に検討しています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年7月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。