Apple、ランボルギーのニエグゼクティブを雇用しApple Car開発チームへ投入

Appleは、噂のApple Carの設計を主導するために元ランボルギーニの幹部を雇い、同社がまだプロジェクトを進めていることが確認できました。

Bloombergは昨日に、iPhoneメーカーがランボルギーニの20年のベテランであるルイージ・タラボレッリ(Luigi Taraborrelli)氏を雇い、自動車メーカーのシャーシと車両のダイナミクスを監督させると報じました。

ランボルギーニ在職中、タラボレッリ氏はウルス、フラカン、アヴェンタドールなどのモデルのほか、フラカンステラートやアステリオンのコンセプトカーに取り組みました。

ルイージ・タラボレッリ氏は、シャーシ開発の仕事に加えて、ハンドリング、サスペンション、ステアリング、ブレーキ、リムなどの分野でも働いていました。

伝えられるところによると、Apple Carのいくつかの形式は、コードネーム「Project Titan」として何年も継続中です。しかし、Appleの車両チームは、途中で多くの挫折、再出発などを経験してきました。ごく最近、チームは彼の雇用から わずか6か月後に自動車エンジニアの流出を招きました。

Apple Carについて。Appleは当初、本格的な車両を製造したいと考えていましたが、最終的には、基盤となる自律システムに焦点を合わせるためにギアを切り替えました。しかし、最近では、再び実際の量産車の製造計画に戻ったようです。

最新の情報によると、Apple Carは完全に電気で無人の車両であると言われています。最近のコンセプトでは、車にステアリングホイールがなく、代わりに4つの内向きのシートがあることが示唆されています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年7月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。