Chromebook、まもなくWindow11風の最高のマルチタスク機能を採用か?

近い将来、ChromebookはWindows風の最高のマルチタスク機能の1つを使用ことができます。現在、Chrome OSユーザーは、垂直、水平、3方向、および4方向の分割を可能にするWindows11の堅牢な分割画面メニューに少しうらやましいと感じるかもしれません。

最近の開発者フラグは、Googleが少なくともより用途の広いインスタントスプリットを追加する可能性を模索していることを示唆しています。

Chromebookはマルチタスクで、いくつかのウィンドウを開くことができます。Chrome OSは、すでに複数のアプリとブラウザタブを同時に実行できます。実際、これは非常に柔軟性があり、多くのChromebookには、Chromeアプリと一緒にAndroidアプリとLinuxアプリをインストールして実行する機能があります。

Chromebookでは、縦に並べて分割する画面がすでに可能ですが、テスト中のように見える3分の1と3分の2の分割など、1つのウィンドウを大きくする方が生産性が高いことがよくあります。

このオプションはまだ機能していませんが、実行中の作業の証拠は、部分分割と呼ばれるフラグを検索することでChrome OSDevChannelで確認できます。簡単な説明には、「分割表示のために2つのウィンドウを2/3と1/3にスナップするオプションを有効にします」と記載されています。

About ChromebooksによるChromiumコードのダイビングで、この機能がどのように機能するかについてのヒントが見つかりました。どうやら、すべてのウィンドウの右上にある最大化ボタンを使用して、新しい部分分割画面モードを呼び出すことができます。

最大化ボタンを押し続けることは、すでに双方向分割をアクティブにする方法であるため、Googleが同じコントロールに新しいウィンドウオプションを追加することは理にかなっています。Chrome OSでは、Alt- [および Alt-]でウィンドウのサイズを変更したり、ウィンドウを左右に移動したりすることもできます。安定したチャネルで承認されている場合、部分分割機能にキーボードショートカットが追加される可能性があります。

新機能は興味をそそられるように聞こえますが、Devチャンネルでは予期しない不具合が発生してChromebookの使用が困難になる可能性が非常に高いため、ほとんどの人はStableチャンネルまたはBetaチャンネルにとどまる必要があります。Stableチャネルは現在ChromeOS103にあり、Devチャネルは105にあります。

(via digitaltrends

Last Updated on 2022年7月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。