アナリストのKuo氏:エントリーレベルおよびミッドレンジのiPhoneには最新のAppleシリコンが搭載されない!

今年の初め、著名アナリストのMing-Chi Kuo氏による興味深いレポートは、Appleが新しいA16チップをiPhone 14 Proモデル専用に保持する可能性があることを明らかにしましたが、通常のiPhone14モデルは昨年のA15チップを搭載します。新しいレポートで、Kuoは現在、エントリーレベルおよびミッドレンジのiPhoneモデルには、Appleのビジネス戦略が変更されているため、将来的にAppleの最新のチップが搭載されなくなると主張しています。

Appleは今年、4つの新しいiPhoneモデルを発表する予定です。iPhone14、iPhone 14 Max(iPhone miniに代わるより大きな6.7インチバージョン)、iPhone 14 Pro、およびiPhone 14 Pro Maxです。通常のiPhone 14モデルは、最小限の内部アップグレードでiPhone 13と同じデザインを維持しますが、Proのラインナップは、新しい画面デザインと大幅なカメラのアップグレードでさらに注目を集めます。

Appleがより高価なiPhoneモデル専用の新しいデザインのメジャーアップグレードを用意したのはこれが初めてではありません。2017年、iPhone Xはまったく新しいデザイン、Face ID、その他の新しいテクノロジーで導入されましたが、iPhone 8とiPhone 8 PlusはiPhone7 のより優れたバージョンでした。

ただし、iPhone 8とiPhone Xはどちらも同じA11 Bionicチップを搭載していました。Appleはその後、iPhone XRとiPhone XS、iPhone 11とiPhone 11 Proなどでこの戦略を継続しました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。