iPadOS 16、「再設計されたマルチタスクインターフェース」を搭載

Bloombergからの新しいレポートは本日、Appleが「プロユーザーを満足させる」ためにiPadOS体験の「主要な変更」を計画していると述べて、何を期待するかについてより多くの光を当てています。

このレポートはBloombergのマーク・ガーマン氏からのもので、週末にiOS16には次期iPhone14の常時表示サポートが含まれると報告しました。Appleは昨年iPadOS15でユーザーがiPadマルチタスク機能にアクセスする方法に小さな変更を加えましたが、iPadOS 16より注目すべきアップグレードを提供することが期待されています。

Bloombergは、iPadOS 16は「再設計されたマルチタスクインターフェイスを備えているため、開いているアプリを確認したり、タスクを切り替えたりするのが簡単になる」と報告しています。このアップデートでは、「複数のアプリを一度に処理する新しい方法」に加えて、アプリウィンドウのサイズを変更する新しい方法も提供されます。

iPadの次の主要なソフトウェアアップデートであるiPadOS 16は、再設計されたマルチタスクインターフェイスを備えており、開いているアプリを確認したり、タスクを切り替えたりするのが簡単になります。また、ユーザーはアプリウィンドウのサイズを変更でき、ユーザーが複数のアプリを一度に処理するための新しい方法を提供します。

このアップデートは、Appleが来週WWDCで発表する「最大のアップグレードの1つ」と説明されています。Appleの目標は、マルチタスクとウィンドウ処理のサポートという点で、iPadOSをより「ラップトップエクスペリエンス」に変えることです。

iPadOS 16に大きな変更が加えられていると聞いたのはこれが初めてではありません。最近、WebKitインフラストラクチャの変更により、 iPadOS16が新しい「マルチタスクモード」を追加して、iPadに自由にサイズ変更可能なウィンドウを追加できることが示唆されました。

WWDC 2022は、6月6日月曜日の午前10時(太平洋標準時)[日本時間6月7日午前2時]に基調講演で始まります。

(via 9 to 5 Mac)

Last Updated on 2022年6月3日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。