Bloomberg:Appleスペシャルイベントで発表されるMacはこれだ!

(Photo via 9 to 5 Mac)

Bloombergによると、Appleと海外のサプライヤーは、アップルプロセッサを搭載した3つの新しいMacラップトップの生産を増やしているとのことです。

13インチと16インチのMacBookProと13インチのMacBook Airは、プロセッサ変更以外では、デバイスの設計に大きな変更でゃないとのことです。

Appleのパーソナルコンピュータの市場のシェアは、10%未満であるため、Intelの売上への直接的な影響は限定的である可能性があります。しかし、この変化は、世界最大のチップメーカーを巻き込んだ危機を浮き彫りにしています。

Appleの最初のMacプロセッサは、最新のiPhoneとiPad Airに搭載されているA14チップをベースにしており、Apple内でのテストでは、交換するIntel部品よりも電力効率が向上していることが示されています。新しいマシンには、Appleが設計したグラフィックスと機械学習プロセッサも搭載されます。

なお、Appleのスペ者ウリベントは、日本時間の11月11日(水)午前2時からです。

Last Updated on 2020年11月3日 by M林檎