Apple、macOS Big Surの公開前にSafariを14.0にアップデート!

Appleが、macOS Big Surの公開前にSafariを14.0にアップデートしました。

以下が新機能等です。

Safari 14.0では、新機能が導入され、パフォーマンスがさらに向上し、セキュリティが向上しています。
-新しいタブバーのデザインにより、画面上により多くのタブが表示され、デフォルトでファビコンが表示されます
-カスタマイズ可能なスタートページにより、背景画像を設定して新しいセクションを追加できます
-プライバシーレポートに、インテリジェント追跡防止によってブロックされているクロスサイトトラッカーが表示され
ます-のサポートが削除されますセキュリティ強化のためのAdobe Flash
一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては利用できない場合があります。

アップデートは、「システム環境設定」−>「ソフトウェアアップデート」で行います。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月17日 by M林檎