12インチMacBookが、Appleシリコンで年内に復活!?

工商時報のレポートによると、業界筋は、Appleが設計したA14Xプロセッサが完成し、年末までにTSMCの5nmプロセスを使用した量産を開始すると指摘しています。

Appleのサプライチェーン業界は、Appleは今年末までに、自社開発および設計したA14Xプロセッサーを使用して、12インチのRetinaディスプレイを搭載したMacbookを発売する予定であると指摘しました。
プロセッサはコードネームTonga(トンガ)で、USB Type-Cインターフェイスをサポートしています。重さは1キログラム未満です。

Appleは、自社のチップに切り替えることでパフォーマンスの向上と省電力の両方が可能になり、電力効率により重点を置くと述べています。
ARMアーキテクチャプロセッサの低消費電力のため、新しいMacbookのバッテリ寿命は15〜20時間に達する可能性があります。

レポートでは、このマシンは次期のA14X Bionicプロセッサーを使用することを示唆しています。iPhone 12はA14 Bionicチップを使用し、A14Xバージョンは通常iPadでの使用されます。レポートによると、同じチップが新しい12インチMacBookにも搭載されるということです。

レポートはまた、Apple自身のGPUに関する作業が順調に進んでいると述べています。

以前、AppleはHuidaまたはAMD GPUを搭載したIntel CPUを搭載したMacパーソナルコンピュータを発表しましたが、業界関係者は、AppleがmacOS Arm 64ビットオペレーティングシステムでのAMD GPUのサポートをキャンセルしたと指摘しています。

ARMMacでは、Appleが開発および設計したGPUを使用する場合があります。最近、業界では、Appleシリコンプロセッサに加えて、来年発売されるAppleのiMacデスクトップにもApple製GPUが搭載されると報告しています。

関係筋によると、Appleの自己開発したGPUは順調に進んでいます。研究開発コードはLifuka(リフカ)です。今後のA14Xプロセッサと同様に、TSMCの5nmプロセスを使用して製造されます。AppleはMacパーソナルコンピュータ用の一連のプロセッサを設計しました。

新しいGPUにより、ワットあたりのパフォーマンスが向上し、コンピューティングパフォーマンスが向上します。アプリケーション開発者がより強力なプロフェッショナルアプリケーションソフトウェアおよびゲームソフトウェアを作成できるようにする、タイルベースの遅延レンダリングテクノロジーを備えています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年9月7日 by M林檎