Kindle本紹介、「純粋サラリーマン必携シリーズ 脱社畜 サイコパス社長との決別」99円

本サイトのレイニー鈴木著「純粋サラリーマン必携シリーズ 脱社畜 サイコパス社長との決別」をご紹介します。

ご紹介するのは、「純粋サラリーマン必携シリーズ 脱社畜 サイコパス社長との決別」です。

価格は、セール価格の99円です。

サイコパス社長と社畜の習性を分かりやすく説明。

あなたの組織にも、感情をすぐ表に出すパワハラ上司がいるのでは?
古典的なパワハラの言葉「給料ドロボー」は、今やなくなりつつありますが、仕事上のミスをネチネチやられることで、悩んでいる方は、パワハラ人間の手口を知って対応を考えましょう。

もしも、あなたが、不幸なことにサイコパス的な性格を持った上司やワンマン社長の下で働いている社畜ならば、もう少し自分のことを振り返ることも必要。
ブラックな環境で働いている人は、金縛りに遭ったように社畜生活から抜け出すことを考えましょう。

あなたの人生をサイコパス社長に捧げる必要はないのですから。

あなたの人生をサイコパス社長に捧げる必要はないのですから。

【目次】
はじめに
第一章 ワンマン社長の下で働くブラック企業の社畜たち
◎社長に「徳」はいらない?
◎会社と自分の財布は一つ
◎会社の利益は配当で持っていく
◎ブラック企業を支える悪徳社会保険労務士
第二章 ワンマン社長の下で社畜として働く
◎社畜の生き方
◎ワンマン社長の強みと弱み
第三章 ワンマン社長にはサイコパスが多い
◎サイコパスがトップになると怖い?
◎ゴーン氏もサイコパスか?
◎企業経営者はサイコパスでないと務まらない?
第四章 社畜として生きる日々
◎社畜生活にはプラス面もある
◎社畜の自覚を持たない社畜たち
◎抑うつ状態になると危険
◎パワハラを受ける日々
第五章 社畜生活から逃れる
◎思い込みを捨てれば転職は可能だ
◎成功する転職
第六章 転職できない社畜のマインドセット
◎転職したくてもできない人たち
◎社畜から逃げ出すと世界が開ける?
◎転職には、新たな出会いがある
◎命の洗濯
第七章 もう時間を無駄にできない
◎社畜生活よりも自己実現生活

著者 レイニー鈴木(昭和生まれ)
アフター⑲研究所代表
ビジネス&ライフコンサルタント
企画、営業、総務、人事と幅広い職務を経験し、「仕事と生活の充実のためにはどのように生活を変えればよいのか」といった問題に取り組んできた。
最近ではあ、新たに「自己実現」「自己成長」のほかに「セクハラ」「パワハラ」といったコンプライアンスに関係する問題を研究している。
人生のモットーは、「仕事の今を楽しもう」というポジティブアプローチ。
現在は、心の自由人として日々の生活を楽しんでいる。

Last Updated on 2020年8月30日 by M林檎