[せんべろコラム]警察や検察は、捜査情報をリークしても罪に問われないのはなぜ?

警察や検察は、捜査情報をリークしても罪に問われないのはなぜ?

いつも不思議だと感じるのは、検察や警察が、マスコミ関係に記者会見も開かずに自分たちの都合のよい情報だけをリークして、世論を誘導して自分たちの味方につけようとすることだ。

国家公務員や地方公務員は、業務上で知り得た個人情報などを漏洩しない義務を負っていないのだろうかと今さらながら思ってしまう。

特に検察は、カルロス・ゴーン氏の事件、森友事件などをみちいても、自分たちの都合の情報を一部のマスコミに流して、世論を味方につけようとする。

昨日、N国党の立花党首が、以前、YouTubeで流した動画が、脅迫に当たる可能性があるとして、任意の取り調べを受けた。しかし、立ち話によると、すでに取り調べの経緯ついて、本人が警察から呼び出しを受ける前にマスコミ関係者が知っていて、そのマスコミ関係者から任意の聴取があると聞いたとのことだった。

これまでも思ってきたことだが、なぜ検察や警察は、大規模な事件でないと記者会見を開かないのだろうか。微罪はともかく、実刑が予想されるような事件については、記者会見を開くことが、健全な情報公開になる。

仲の良いマスコミに情報をリークすることは、情報漏洩と言われても仕方がない。
検察や警察は、組織として情報公開して良いもの悪いものを切り分け、記者会見でマスコミの質問を正々堂々と受けるべきだ。

日本の司法がおかしいのは、

裁判所と検察があうんの呼吸で癒着していること。(安易に勾留延長をする)
容疑者の取り調べに弁護士が付き添えないこと。(これにより、自白が強要され、えん罪を生んでいる)
代用監獄と言われる留置場で拘置されること。
自白しないと容疑者の拘置期間が延々と延びること。

などがある。

公正な取り調べには、検察と警察の改革が必要だ。