[せんべろコラム]傍若無人に見えるN国党の立花孝志党首が支持される理由!

N国党の立花孝志氏は、YouTubeを通じて様々な情報を発信している。

彼は、NHKのスクランブル化が決まれば、議員を辞職すると明言している。だから炎上商法も、評判の悪い議員を取り込みのもすべてそのためだとはっきり述べている。

立花孝志氏のスタンスは、すべての情報を公開して、マスコミに面白おかしく書かれないようにしながら、意見の違う有名人には果敢に議論を挑み、知名度を上げていくということだ。

実に超ミニ政党にとっては、合理的なやり方だ。

しかし、昔ながらの政治家にとっては、それが気に入らないらしい。立憲民主党の小西ひろゆき議員が、N国党の丸山穂高議員が、竹島について取り返すためには戦争史か亡いのか?といった発言をTwiiterでしたことについて、国会議員として相応しくないとして批判をした。

しかし、立花孝志氏は、丸山氏について何もしない議員よりはましだし、問題提起のどこが悪い、これはイジメではないかと擁護した。これに関しても主に野党の国会議員から批判を受けている。

最近の野党は、本当にイジメ的だ。何も成果をだせないからか枝野代表が、河野太郎外相が、対韓関係を悪くしたとして辞任すべきだとか、無責任なことを言っている。最近の野党は、挙げ足取りばかりに熱心で、政策で勝負できない低レベルだ。

少なくとも民主党が政権を取る前には、シャドーキャビネットを作って、曲がりなりにも政権を取る準備をしていたではないか。

野党議員や自民党の一部議員は、綺麗ごとを言って(立花孝志氏が強調している)地元の祭りばかりに回って、政治家本来の仕事をしていないという批判にどう答えるのだろうか。

立花孝志氏が、その過激な発言にかかわらず、支持されるのは、できるだけオープンにして、できることとできないことを明確に表明していることだ。
そういう面では誠実だ。

だから支持されるのだ。もう、口だけの政治家は入らない。そういう国民の声が高まっているのだ。

何しろ口だけの政治は、民主党政権で飽き飽きするほど見せてもらったのだから。