[せんべろコラム]既得権益をぶっ壊せ!そして、その後は??

週刊文春に詐欺容疑をかけられ、名誉毀損での提訴を決めるなど話題に事欠かないN国党の立花議員。

NHKをぶっ壊せは、単にNHKの放送スクランブル化で終わらない。
おそらく立花党首は、心の底でそう思っているに違いない。しかし、今のところは戦線拡大はほどほどにしておかないと巨大な権力に押し潰されてしまう。

その手法に賛否両論あるにしても、立花議員のYouTubeを見ていると、色々なことが分かるのでありがたい。(殺されないかと心配になるくらいだ)

NHKの役員レベルは高給をとり、利権を使っておいしいことをしている。
民放、電通、NHKはグルであり、政治家と結びついている。
だからお互いの都合が悪いことは報道しない。そういうことが立花議員のYouTubeで分かってきた。(放送業界でのタブーは、電通??)(これは立花議員と関係ないが、過去にはバーニング??最近まで吉本??)

立花議員が上手いのは、一度暴走しても冷静になって軌道修正できることだ。今回のマツコと崎陽軒の問題でもメンタリストDaiGoのアドバイスを聞き入れて見事に軌道修正した。

一部に立花議員の手法を強圧的だと批判する向きもある。しかし、彼は既存の政治家が避けてきた強固な既得権益に孤軍奮闘立ち向かっている。
NHK以外にも利権構造は日本中のあらゆるところに張り巡らされていて、たまに政治家や官僚の汚職で表に出たとしても、それは氷山の一角で利権構造は温存されてきた。

何しろ政治や行政を監視するはずのマスコミが、グルなのだからどうしようも無い。
これまで民放テレビ局は電波利権で大儲けをしてきた。そしてその背後には株主の大手新聞社がいる。テレビと新聞が同系列であるなど、先進国では考えられない。

NHK、民放テレビ以外にも多くの利権がある。
お笑いの吉本にも地方創生という名目で100億の金が流れるご時世だ。どう考えても吉本と補助金行政とはイメージが合わない。

昔、規制改革を行うとして勇ましかった竹中平蔵氏も所詮は我田引水で今ではパソナの会長におさまっている。本当らしく見せるまやかしだった。

だから、一部の国民は、立花議員の何もかもオープンにしながら既得権益に攻撃を加える姿勢に共感している。これまでの政治家がやってこなかったことに命懸けで取り組んでいる。

自分の過去もお金の流れも文春砲に面白おかしく書かれないようにYouTubeで先に公開してニュースバリューをなくすところもすごいところだ。他にも自身が過去に精神疾患で治療を受けていたことや収入も明かしている。

だが、巨大な利権構造はあまりに大きく陰湿だ。立花議員が初心を貫徹できるかどうかわからない。

でも彼の行動で分かったことがある。

既存メディアにそっぽをむかれようともネットメディアがあれば十分に情報発信ができることだ。
これからも私利私欲に囚われず政治を志す人たちがネットを通じて政治家として出てくるだろうし出てきて欲しい。

合掌