iPhoneの終焉とiBrainの登場??

iPhoneの売上げ減は、この先いつまで続くのでしょうか?

本日の記事で取り上げたように、第2四半期のiPhoneの売上げは、予想以上に落ち込んでいます。
もはや、iPhoneは、ガジェット好きをわくわくさせるデバイスでもなく、流行り物好きが触手を伸ばすデバイスでもありません。

スマートフォンは、広く普及し、コモディティ化が進んでいますが、Appleだけは、その流れに抵抗し、1台10万円以上のスマトフォンを売ろうとしています。

では、高価格iPhoneにどんな比較優位性があるのでしょうか?

iPhoneのAndroidに対する比較優位性は?

安全性(すくなくともAppleはiOSの安全性をPRしている)
App Storeを初めとするエコシステム
高品質の仕上がり
カメラの品質が高い

確かにiOSは、Apple独自でサードパーティがカスタマイズできず、セキュリティに関するアップデートも比較的頻繁に行われています。
App Storeほかのエコシステムの優位性は、Googleが同様のサービスを展開しているため、現在ではほとんどありません。
高品質の仕上がりは、Appleならではですが、それが価格の差を超えて優位性があるかと言えば、それほどあるようには思えません。

カメラの品質に関しても、現在ではそれほど差が無くなっています。

というわけで、iPhoneを使い続けるユーザーは、これまでずっと使っていて、多くのコンテンツを財産として持っているため、Androidに移行しづらい人や根っからのAppleファンに集約されてくるかもしれません。

今後、Appleが、iPhoneをどのように進化させるとしても、こえまでのような大きなアップグレードは望めません。Galaxyのような折り畳みも考えられますが、スマートフォンを定義し直すということまでは無理かもしれません。

筆者が個人的に期待するのは、iPhoneがスーパーコンピュータのような処理能力を持ち、高速通信でMacやiPadのようなデバイスのサーバーとなることです。そうなれば、Mac、iPad間の同期も必要ありません。

デバイスは、iPhoneと自然に接続され、ユーザーは意識することもありません。iPhoneは、必要があればクラウドと高速通信し、様々な処理をこなしてくれます。Apple Watchが、ユーザーの体調や感情を感知し、iPhoneに送るとiPhoneが処理を返してくれます。クラウドサーバーにデータを送ることなく、個人のプライバシーは守られます。

ユーザーは、iPhoneを持ち歩くだけで、個人ユースにもビジネスユースにも使用でききます。ビジネスユースでは、iPhoneにはデータをダウンロードできない仕様に出来ます。それはすべて高速通信で接続されたサーバーで保存されます。個人ユースの場合は、基本的にデータは、iPhoneに保管され、バックアップがクラウドに保管される。なくなっても複数の生体認証があって第3者のロック解除は不可能ですが、万が一のためにApple Watchやクラウド経由でiPhoneを消去できます。

従って、ビジネス現場では、シンクライアントのPCか、タブレットを用意すればOKです。レンタルビジネスブースなどどこに行っても、同じビジネス環境が構築でき、どこにでも身軽に移動することができます。

そうなると、もはやiPhoneではなく、新しい頭脳「iBrain」と言った方がよいかもしれません。