Apple、「サプライヤーの協力を得てクリーンエネルギーの目標を達成」と発表!

Appleが、「サプライヤーの協力を得てクリーンエネルギーの目標を達成」と発表しています。Appleは、これまで再生可能エネルギーを利用することに力を入れてきました。

その取り組みが着々と進んでいることを以下のように発表しています。

カリフォルニア州クパティーノ――Appleは本日、当社製品の生産を100%クリーンエネルギーで賄うことに協力をお約束いただいたサプライヤーの数が従来のおよそ2倍にまで増え、総数で44社となったことを発表しました。Appleとサプライヤーが協力して行なっている取り組みを通じて、Appleはサプライチェーンで使用する再生可能エネルギーを2020年までに4ギガワットに拡大するとした当初の目標を、同期間内にさらに1ギガワット以上増加させることを見込んで、達成できる運びとなりました。この快挙は、世界各地にある当社の全施設で使用する電力が100%再生可能エネルギーで賄われるようになったと発表した、ちょうど1年後にお知らせできたことになります。

Apple→サプライヤーの協力を得てクリーンエネルギーの目標を達成