2020年発売のiPhone主力モデルは、ディスプレイサイズ5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの3機種!?

DigiTimesがサプライチェーンからの話しとして、2020年発売のiPhoneの主力モデルは、現在と同じ3モデルで、有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイサイズは、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチになると伝えています。

今年については、現行モデルと同じく5.8インチ、6.5インチのOLEDモデルと6.1インチのLCDモデルの3モデルが発売されるとのことです。

2020年モデルのディスプレイ供給は、メインがSamsung Displayで、LG DisplayやBOE Technologyもサプライヤーに加えられる可能性があります。

2020年のiPhoneについては、ディスプレイサイズによって、価格体系が見直される見込みです。

(via MacRumors