Apple、2019年第1四半期(10-12月期)からiPhone、iPad、Macの販売台数を非公表に!これは何を意味するのか?

Appleが、2019年第1四半期(10-12月期)からiPhone、iPad、Macの販売台数を非公表にすると発表しています。

同社の製品でApple Watch、AirPodsなどは「その他の製品」としてくくられいましたが名称が変わり、「ウェアラブル、ホーム、およびアクセサリー」なりました。ただし、販売台数は公表されません。

しかし、主力製品であるiPhoneの販売台数を公表しないということは、今後、アナリストの推測に頼って情報を得るしかない状況になります。

iPhoneの販売台数を公表しない理由として考えられるのは、鳴り物入りで登場している新iPhoneの売上げが伸びず、値下げした旧モデルの販売が好調と言うことが考えられます。

Appleは、数年前までは、新iPhone発売後の週末の販売台数を発表していましたが、それもなくなりました。決算業績の発表においても、台数を説明しないとなると投資家は不満に思うでしょう。

でも、そのことがあっても非公表のメリットがAppleにはあるとわけです。

やはり、新製品の販売が絶好調ではないけれど、全体としては業績好調なので、不利なデータは公表しないということなのでしょうか。それともいずれ業績が落ちる時に備えているのでしょうか。

(via 9 to 5 Mac