Google、批判を受けてChrome 70で自動ログイン機能を削除

Googleが、セキュリティに関する批判を受けて、次期バージョンのChrome 70でChromeへの自動ログイン機能を削除と発表しました。

批判を受けているの2点で、1つ目がChrome 69では、Chromeのウェブサービスへのログインすると、ユーザーの意思とは関係なく自動的にChromeへのログインが行われてしまうことです。

Chromeへのログインへのログインを行うと、ブックマーク、拡張機能、アプリケーション、テーマ、ブラウザの各設定、開いているタブが、他の端末でログインしたChromeと同期できる機能です。

Google側は、自動同期は、設定でオンにしない限り同期されないと述べていますが、批判を受けて、Chrome 70で自動ログイン機能をなくするとのことです。

もう一つは、Chrome 69では、ユーザーが全てのCookieを削除できず、GoogleのCookieの一部が削除されないまま、残ると言うものです。

これについてGoogle側は、一度Chromeを削除しても、再びインストールすれば、残ったCookieによってログイン状態を維持できるようにしていたと述べていますが、これもセキュリティ上問題があるとの批判を受けて、Chrome 70ですべてのCookieが削除されるようになります。

この対象となるChromeは、デスクトップ版とモバイル版の両方です。