iPhone XS Maxは、実際に1日使ってみると良さが分かる秀逸デバイス!

2018年9月21日に発売された「iPhone XS」と「iPhone XS Max」ですが、すでにそのレビューについては、大手メディアでさんざん報じられています。

筆者は、さっそく「iPhone X」から「iPhone XS Max」へと機種変更を行いました。iPhone XS Maxを1日使用してた感想を報告させていただきます。ただし、個人的な趣向によるレビューになりますので、了解ください。

筆者が最初にiPhone XS Maxを使って思ったのは、iPhone XよりもFace IDの認識が良くなり、早くなったとの印象です。一日に何十回もログインするだけにこの反応の早さや認識率の向上は、非常にありがたいことです。iPhoneが、さらにストレス無く使えるようになっています。

これはTrue-Depthカメラの性能向上や「A12 Bionic」チップのNeural Engine搭載が影響しているのかもしれません。Neural Engineはリアカメラのボケ効果で活躍しているようで、ポートレートモードで以前よりも簡単にボケ効果の写真が撮影できるようになっています。

筆者が6.5インチディスプレイの大きさを一番実感したのは、Kindle本を読むときでした。毎日、電車や自宅でKindle本を読んでいますが、その表示量の多さから、非常に読みやすくなりました。文字を拡大しても表示量を確保できるので非常にありがたいと思っています。これでiPad miniは必要なくなるのでは?と思っています。

特にボディいっぱいに広がるディスプレイのおかげで、ディスプレイの大きさのわりにボディは、iPhone 8 PlusなどのPlusシリーズとほとんど変わらないため、電車の中でつり革を持って、イヤホンで音楽を聴きながら、読書にふけることができます。

あとは、自宅で音楽を聴いたり、動画を見たりするときに広がりのあるステレオサウンドを楽しむことができます。これは横向きに動画視聴するときやゲームをするときに威力を発揮します。iPhone Xとは、広がりが違います。サラウンドになったような気がします。

さらに筆者は、iPhoneを使ってテキストを打ち込む機会が多く、基本的に両手を使った親指打ちです。この場合、縦向きは、ディスプレイサイズが大きくなったおかげで、打ちやすくなっていますが、横向きになるともはや、テーブルなどに置いてからでないと打てないくらい幅広のキーボードになっています。従って横向きでの入力は実用的ではありません。どうせなら、もう少しキーボードを拡大して、両手をフルに使って打てるようにして欲しかったです。

一日使って感じたことは、iPhone XS Maxがあれば、Apple Pencilを使う作業でなければiPadは要らないような気がしています。筆者においては今後、iPadを使用する時間が減りそうです。

とりあえず、今日(2018年9月22日)のレビューはここまでにすます。

今後、iPhone XS Maxの使い心地について追記でレビューしていくつもりですので、ご覧ください。